目的・理念

【目的】
私たちは、創造都市をめざす国際都市札幌にふさわしい芸術・文化の花を咲かせるべく、市民ボランティア・アーティスト・文化関係者・学術関係者などの有志を幅広く結集して、2007年春 ACF札幌芸術・文化フォーラムを立ち上げた。いま、世界各地で都市の活性化にむけて「創造都市」の取り組みがなされている。北海道経済は長い停滞の中にあり、道都札幌が果たす役割は重要である。札幌が21世紀を力強く生き抜く源は、多様性に満ちた「市民力」とそれに支えられた創造的文化だと考える。
創造都市札幌がめざすのは、市民の豊かな創造力によって「暮らしたいまち、働きたいまち、訪れたいまち」になることと考えている。その礎である芸術・文化は、まちの個性であり誇りである。私たちは、札幌の芸術・文化を世界に発信することをめざす事を目的とする。

【理念】
つなぐ(ひと)・つくる(場)・育てる(まち)(市民と芸術家と行政のトリプルWINのために)

【かたち】
札幌アートセンター(仮称)を創設し、そこを拠点として芸術家と市民そして行政を結ぶネットワークを形成、芸術・文化情報の発信と芸術・文化の形成・育成を通して市民と協働の芸術・文化のあふれるまち作りを目指す。

【アート・マスタープラン】
・アートドリーム    芸術・文化とふれあい・育む活動
・アートタウン     芸術・文化を活用したまちづくり活動
・アートフォーラム   芸術・文化の意見収集と提言活動
・アートシンクタンク  芸術・文化の調査・研究活動
・アートネットワーク  芸術・文化情報の提供と収集活動
・アート・マネジメント 芸術文化を楽しむ「場」をつくる活動
・アートバンク     芸術・文化アーカイヴ活動