第8回 ACFフォーラム「札幌国際芸術祭2017 フライング・フォーラム」

7月19日から72日間にわたり開かれた「札幌国際芸術祭2014」は47万8千人が来場し、目標30万人を大きく上回った。3年に1度開く、トリエンナーレのスタートとして弾みがついたが、課題も多く指摘されている。

さらに、来春の統一地方選で国際芸術祭を主催する札幌市の首長が交代する見通しだ。こうしたタイミングで「札幌国際芸術祭2014」を市民目線で振り返り、3年後の「札幌国際芸術祭2017」へつなげるため、今すぐできることを進めていこう。

「札幌国際芸術祭2017」はまだ公式な存在になっていない段階だから いち早い市民側のムーブメントとして、あえて「フライング・フォーラム」と銘打った。
 
 
<構 成>

◇18:20~18:45 オープニングイベント

ご挨拶  
中島 洋(シアターキノ代表)

札幌国際芸術祭2014 連携事業「この砂赤い赤い」上映
監督:早川 渉 制作:NPO北海道コミュニティシネマ・札幌
 
 
◇18:50~20:00 フォーラム 第1部

札幌国際芸術祭をアートの観点から振り返り2017へつなげよう!

【コーディネーター】
吉崎元章(札幌芸術の森美術館 副館長)

【パネリスト】
阿部典英(美術家)
端 聡(札幌国際芸術祭2014 地域ディレクター)
四方幸子(札幌国際芸術祭2014 アソシエイト・キュレーター)
北村清彦(北海道大学文学研究科 博士/教授)
 
 
◇20:00~21:10 フォーラム 第2部

札幌国際芸術祭を市民の関わりの観点から振り返り2017へつなげよう!

【コーディネーター】
古家昌伸(北海道新聞文化部次長)

【パネリスト】
山田愛衣(SIAF編集局/サカナ通信 代表)
小田井真美(札幌国際芸術祭2014 チーフ・プロジェクト・マネージャー)
大井恵子(ギャラリー門馬&ANNEX オーナー)
閔 鎭京(北海道教育大学岩見沢校准教授/芸術・スポーツビジネス専攻芸術文化政策研究室)
 
 
第8回 ACFフォーラム「札幌国際芸術祭2017 フライング・フォーラム」
日時:2014年12月9日(火)18:20〜21:10(開場18:00)
会場:札幌エルプラザ 3Fホール(札幌市北区北8条西3丁目)
参加費:300円(資料代)予約不要
主催:ACF 札幌芸術・文化フォーラム
後援:札幌市、さっぽろアートボランティア・ネットワーク(V-net)